アカデミック ライティングコース

アカデミック ライティングコース

アカデミック エッセイライティング

苦手なライティングを何としたい!そのような生徒様の要望に応えるためのコースプログラム

TOEFLもしくはIELTSのエッセイ課題や副教材を活用して基礎からライティングのスキルとルールを学びます。

コース概要

英語のアカデミックライティングとは何か?どうのようなルールが適用されるのか?語彙のレベルは?
といったご質問にお答えするライティング指導の特化コース

  • 英語でのエッセイの書き方の基礎から課題添削
  • スカイプなどのプラットフォームを使用したオンラインレッスン
  • エッセイを書いたことがない初心者に対応
  • 日本語とは違う構成や書き方を学習する副教材を活用
  • アカデミックに必要な文語表現を、詳細な説明付きで指導
  • ディスカッションを取り入れて、様々な視点で論理的な考え方を指導

アカデミックライティングコースをおすすめする理由

  • タイプ別エッセイの構成、重要文語表現、表現の適切な書き換えをトレーニング
  • 与えられたテーマに対する考えを講師とディスカッションしてテーマに対する知識を深める
  • ライティングを添削形式で間違いから学び、自然な文語表現を習得
  • レベルに合わせてリーディングの課題も取り入れてインプットを増やし、アウトプットの質を高める
  • 初級、中級、上級とレベルに合わせてさまざまな副教材を活用
  • 添削課題は事前に生徒様に返却しますので、直されている箇所や分からないところを前もってチェックすることができる(講師のスケジュールを考慮いだたき、レッスン48時間前の課題提出をお願いしています)
  • オンラインで週に1~2回のペースで学ぶなど、自分のペースに合わせてスケジュール調整が可能。
  • アカデミックライティングに役立つ単語集を含めた教材をカバーして、語彙力・単語力を徹底強化
  • エッセイ ライティング通信講座をご希望の方には(スカイプレッスンなし)添削回数制で提供

英語のライティングの特長

エッセイのタイプ

英語のエッセイのタイプは大きく4つ挙げられます。

Process Essay

時間や手順など、プロセス順に並べて書くエッセイ

Cause & Effect Essay

ある事柄の 原因と結果について書くエッセイ

Comparison Contrast Essay

ある事柄を比較、対照するエッセイ

Argumentative Essay

ある事柄に同意、もしくは反論するエッセイ

構成

英語のエッセイライティングの構成は、Introduction (序論)Body  (本論)Conclusion (結論)から成ります。
本論は1つとは限らず、Body 2, Body 3, Body 4 と続いていきます。

Introduction (序論)
  • General Statement 主題に対する一般的な考え
  • Thesis Statement エッセイのテーマ
Body  (本論)
  • Topic Sentence 段落の主題を述べる文
  • Supportive Sentence(s) 主題を補強する文(具体例や事実を述べて補強します)
  • Concluding Sentence 結論の文
Conclusion (結論)
  • Restatement or Summary エッセイテーマの要約や言い換え
  • Final Comment 最終的な自分の意見

論理性のある文章

  1. Unity and Coherence 「内容の統一性と一貫性」と呼ばれます。段落の最初から最後まで1つの課題について述べることです。関連性のない考えを、2つも3つも述べることはありません。
  2. 主題についての直接的な説明がきます。主題から外れないように注意する必要があります。
  3. 文と文がスムーズに繋がっていることが大事。突然、文意が変わることがないようにします。主題の名詞を反復させることが文と文の繋がりを強化してくれるコツです。
  4. 統一された代名詞の使用に注意します。”you” がいきなり “she” や “he” に変わらないようにします。
  5. Linking words (文と文をつなげる接続詞や副詞、前置詞など)と Transition words (転換語)の適切な使用が求められます。

Linking wordsの一例

譲歩する

however(しかしながら)

just the same(それでもやはり)

nevertheless(それでもやはり)

nonetheless(それにもかかわらず)

still(やはり/今なお)

yet(それでも)

although(~けれども)

even though(~だとしても)

in spite of(~にもかかわらず)

despite(~にもかかわらず)

具体的に詳しく述べる

for example(例えば)

for instance(例えば)

in fact(実際は)

in other words(言い換えれば)

actually(実際は)

適切な語彙の選択

質の高いエッセイを書くためには口語表現をなくし、文語表現を多く取り入れていく必要があります。
そのため、アカデミック用語や連語の習得は欠かせません。

日頃から英字新聞や時事英語が学べる雑誌などを読むことをおススメします。リーディングから単語を覚えることで使い方も同時に覚えることができます。
また類義語を覚えることも大事です。英語のエッセイでは同じ単語の繰り返しを嫌います。ですので、言い換え表現を覚えるようにしましょう。覚えるときは英英辞典を活用して語彙のニュアンスの違いを必ずチェックしておきましょう。対義語も合わせて覚えることで理解力が増し、記憶に定着しやすくなります。

その他、テーマ別語彙の習得は非常に役に立ちます。
本校のブログでは、テーマ別語彙のサンプルを紹介しています。

明確な文意

アカデミックなエッセイでは誤解を招く表現は禁物です。
もったいぶった表現や、読者に考える余地を与えてしまう文意を含むものは良いエッセイとは言えません。読者側に立って分かりやすい文章を常に心がけてください。分かりやすい文章とは、短い文章を意味するわけではありません。良い文とは、その中にComplete Thought (全ての自分の考えやアイデア)が表現されていることで、単独で(他の文に依存することなく)存在することができます。

例えば、”I once walked around here. I was interested in living in the area.” という文の場合、2つの文の意図が何となくは見えますが、各文章が不完全なため、全体としての文意が曖昧になってしまっています。
“When I once walked around that neighborhood, I was interested in living in the area.” のように、2つの文を結合することで自分の考えを完全に述べることができます。そして、こうした文と文が関連性をもって繋がって初めて、1つの段落を形成していきます。

英文を書く上での重要なポイントを押さえて書く練習をすることがライティングの上達を早めます

エッセイ添削例

ライティング担当講師

Kiyo講師

指導歴10年

Kiyo

指導歴3年

Erika

1回60分のレッスン
好きな回数が選べる!

ライティングの初から上級者までレベル別に対応。
文法のミステイクを指摘するだけでなく、論理性や文語表現を踏まえた複雑な文書構造を持つ文章が書けるようになる!


ONLINE LESSON

いつでも どこでも MAEのレッスンが受けられる

Skype・Zoom・Google Meet・Teamsを使って世界中のどこからでも、MAEのすべてのコースがオンラインで受けられます。
早朝、深夜、週末でも大丈夫!インターネット環境があれば、忙しい人でも自宅からお好きな時間にオンラインでレッスンが受講できるので、限られた時間を有効に学習に充てることができます。

あなたの「学びたい」というニーズにいつでもお応えします。
完全オンラインの自由受講スタイル制度で、仕事との両立で忙しい現地の生徒様やトロントに留学をお考えの方に好評です!

フリートライアル付き

無料カウンセリング

MAEでは、受講希望のすべての生徒様に無料カウンセリングを行っております。
MAE専任カウンセラーが点数が伸び悩む要因を分析し、あなたのニーズに合ったプランをご提案!